転職成功のための自己PR文の書き方を徹底的に教えます

優れた自己PRの特徴

優れた自己PR文の特徴

優れた自己PR文には、明らかな特徴があります。
その特徴の主なものを紹介しましょう。

文章がシンプルでわかりやすい

結果につながる自己PR文は、例外なくシンプルでわかりやすい文章で書かれています。

これって、簡単そうで意外に難しいことです。

自己PRをしようとすると、どうしても堅い表現や難しい用語を使って、知識や教養を表したくなるものだからです。

でも、自己PR文の第一の目的は「共感を与えること」であって、知識や能力をひけらかすことではありません。

また、あなたの専門分野に詳しくない人が読む可能性も大いにあります。
だから、誰が読んでも理解できる、わかりやすい文章を書くことが不可欠なのです。

そして、難しいことをわかりやすく書くことが本当の文章力だと私は思います。

1つのエピソードに絞りこまれている

同様に、自分を売り込もうとするあまり、あれこれ多くを盛り込もうとしてしまいがちなのが自己PR文です。

しかし、たった1枚の自己PR文に、多くのことを盛り込むスペースはありません。

また、あれこれ欲張った自己PR文は、結局あなたの良さが何なのかをあいまいにしてしまいます。

印象に残る自己PR文とするためには、勇気を持って内容を絞り込み、それについて徹底的に書くことが必要です。

そのためには、エピソードを1つに決めること。

そして、それをできるかぎり深く具体的に描写しましょう。

キレイ事に終始しない

強力な自己PR文にするための秘訣は、自分の良いところだけを見せようとしないことです。

自分の良いところ、優れた実績をひけらかしても、共感を得ることはできません。

むしろ、恥ずかしいところ、隠しておきたいところをあえて出すことが往々にして共感を得るカギとなります。

誰しも失敗や恥ずかしい経験の1つや2つはあるものですから、それを出すことがすなわち低評価となるわけではありません。

問題はその後それらをどのように成長の糧としたかです。

課題や困難を様々な工夫や努力によって克服する、その過程を詳しく描くことで、読み手の強い共感を得ることができるのです。



『これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方』

[check]唯一の自己PR文の専門書

  • これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方 (日本実業出版社)

    ⇒ 詳細はこちらから




powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional