転職成功のための自己PR文の書き方を徹底的に教えます

自己PR文のネタ選び

自己PR文のネタ選び

印象深いエピソードを出し尽くしたら、次はどれにするか絞り込む作業です。

原則として、自己PR文に使うエピソードは1つだけです。

なぜなら、A4判1枚の限られた紙面に、複数のエピソードを盛り込もうとすると、自ずと分量が限られ、深く掘り下げた記述ができなくなってしまうからです。

1つのエピソードに絞り込むために、各エピソードでPRできるあなたの「強み」と、それによって採用企業にもたらされる「貢献・メリット」を明らかにしましょう。

エピソードで伝えられるあなたの強みが明確であるほどその自己PR文は強力になるし、またそれが会社にメリットをもたらして初めて本当の強みとして意味を持つからです。

つまり、その強みと貢献・メリットの両方があなたの「PRポイント」となるわけです。

PRポイント

の関係です。

例を挙げてみましょう。

あなたの思い出したエピソードが、次のようなものだったとします。

「業務マニュアルを1週間で完成させるように課長に言われたが、実質3日でまとめ上げたので大いにほめられた。」

この場合のあなたの強みは、

「情報の整理スキルと文書作成スキルが高いこと」

であり、会社にもたらせる貢献・メリットは、

「作業時間の短縮や仕事の効率化」

だと考えられます。

もしこのように強みとメリットをうまく整理できなかったり、一方しか表現できないとしたら、そのエピソードはPR効果が低い可能性が高いと言えます。

その両方をしっかり伝えられることができるエピソードが、自己PR文を書くネタの有力候補となるのです。



『これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方』

[check]唯一の自己PR文の専門書

  • これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方 (日本実業出版社)

    ⇒ 詳細はこちらから




powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional