転職成功のための自己PR文の書き方を徹底的に教えます

自己PR文のタイトル

自己PR文のタイトル

自己PR文のネタが決まったところで、次は本文といきたいところですが、次にやってもらいたいことは、タイトルの検討です。

なぜなら、自己PR文のタイトルは、ほとんどの人が考えているよりも、はるかに重要だからです。

タイトルは、自己PR文の入り口です。

このタイトルの付け方次第では、読み手が興味を失って、肝心の本文をまともに読んでくれないことすらあるのです。

そもそも自己PR文はイレギュラーな書類ですから、そもそも興味を引かれなければ読んでくれる保証はないと思っておくべきものなのです。

タイトルの役割は、ずばり、

読み手を引きつけ、確実に本文を読ませること

です。

まず第一に心がけることは、短くシンプルにまとめることです。

最大の理由は、タイトルであまり詳しく説明してしまうと、それだけで本文の内容が把握できてしまい、本文を読む必要性が薄れてしまうからです。

「簿記2級の資格と経験を活かし、素早く正確に経理作業を行います」

なんてタイトルに書かれていたら、本文に書かれていることは丸わかりですよね。

また、自分に自信がない人ほど、タイトルにいろんな修飾語を付けてカバーしようとする傾向があるので、注意が必要です。

最もオーソドックスなタイトルの作り方は、

採用するメリットをストレートに表現する

ことです。たとえば、

「売上を2倍に増やします」
「人間関係を円滑にします」

といった書き方がそれです。

この書き方の良いところは、結論が明快でわかりやすいこと。

それが採用側のニーズを満たせる内容であれば、何も小細工する必要はないし、強い自信も感じられる。

デメリットを挙げるとすると、主張が明快であるがゆえに、本文への引き込みが弱くなる場合があること。

そして、職種によっては、ありがちなタイトルになってしまいやすいことです。

たとえば営業職などの場合は、どうしても「売上をあげる」「顧客を獲得する」的な内容になりがちです。

それを避けるために、比喩的な表現を使ったりして、ストレートな表現を避けて、

それってどういうことだろう?

と本文を読みたくさせる方法もあります。

それができれば、タイトル作りは上級レベルと言えます。



『これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方』

[check]唯一の自己PR文の専門書

  • これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方 (日本実業出版社)

    ⇒ 詳細はこちらから




powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional