転職成功のための自己PR文の書き方を徹底的に教えます

自己PR文のネタ探し

自己PR文のネタ選び

効果的な自己PR文を書くための最初の作業は、「エピソードの洗い出し」です。

今までの経験の中から、印象に残るエピソードをあるだけ思い出して下さい。

と言っても、何の取っ掛かりもなしでは難しいでしょうから、次のような切り口に沿って思い出してみて下さい。

  1)  誇れる仕事の実績
  2)  がんばった経験
  3)  ほめられた経験
  4)  人に感謝された経験
  5)  人を助けた経験
  6)  苦労した経験
  7)  失敗した苦い経験
  8)  怒られた経験
  9)  人に助けられた経験
  10)  忘れられない経験

「あのエピソードはこの切り口で良いのかな」とか、

「これは自己PR文の材料にはなりそうにないな」とか、

細かいことは考えず、質より量でできるだけたくさんのエピソードを、箇条書きで書き出して下さい。

上記の切り口はあくまでもきっかけに過ぎませんから、深く考えこまないように。

短時間でパッと思いつくのが、あなたにとって印象的な出来事であり、重要な意味を持つ可能性が高いです。

なお、後半の切り口はネガティブなものになっています。

「それで自己PRになるの?」

と疑問に思う人もいると思います。

たしかにそれだけではポジティブな自己PR文にはなり得ません。

しかし、ネガティブな経験を経て、どのようにそれを克服し、成長していったのか、その過程まで描くことができれば、それは強力な自己PR文になり得るのです。

実は、ただポジティブな内容のエピソードを紹介するよりも、そのように困難を乗り越えたエピソードを紹介する方が、共感を呼びやすい自己PR文になりやすいのです。

これは、強力な自己PR文を作る秘訣の1つです。



『これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方』

[check]唯一の自己PR文の専門書

  • これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方 (日本実業出版社)

    ⇒ 詳細はこちらから




powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional